2019接客ロールプレイングコンテスト受賞者発表!

ジョイナスでは、今年も、お客様の「いつもを、ステキに、かえていく。」の実現の為、スタッフの接客レベル向上を目的に日頃の接客技術を競い合うロールプレイングコンテストを開催いたしました!

一人一人想いの詰まった接客を披露いただき、ハイレベルな熱戦が繰り広げられ、スタッフの皆さんの前向きで向上心の高さをうかがえる大会となりました。

2019年度受賞者の皆さんを紹介いたします!

 

■ジョイナス大会:2019年6月18日(火)~21日(金) 62店舗120名が出場!

■ジョイナスグランド大会:2019年7月18日(木) ジョイナス大会を勝ち抜いた27店舗30名が出場!

 

 

 

◆アフタヌーンティーリビング 河野 睦美 さん◆

日頃の接客は、店頭での対応よりも、カウンターでのほんの数分の対応で終わる事が多い中、「一人一人のお客様の思いを汲み取る、思いに寄りそう」事を心掛けています。また、お客様の思いに答える為には、スタッフとのチームワークもとても大切だと感じています。まだまだ至らない点は多いですが、この賞に恥じぬよう、より一層精進していきます。

 

 

◆無印良品 井野 美奈子さん◆

私が日頃から心掛けている事は“お客様に笑顔で帰っていただくこと”です。お客様を笑顔にするにはまず自分から!そして働いている仲間から!お店のスタッフ全員で、商品知識をつける取り組みや、楽しんで接客について考える時間を設けることで、色んな意見を聞き、たくさん刺激をもらっています。店舗にわざわざ足を運んでくださるお客様に、日々の感謝の気持ちを伝えるとともに「開けるのが楽しみだな、良いお買物ができたな」と思っていただける接客を、これからも心掛けていきます。

 

 

◆アルシーヴ 小宮 愛美さん◆

日頃の接客にて心掛けていることは、感謝の気持ちを、ありふれたフレーズだけでなく、自分の言葉で伝えること。特に「〇〇+ありがとうございます。」という声がけを心掛けています。居心地の良い空間を作ることで、自然と会話も弾みます。また、アルシーヴのコンセプトでもある、よろこびや楽しさ、心地よさなど・・・、お客様の日々に寄り添ったお話しやお洋服選びを私自身も楽しんでいます。

 

 

 

(左から)

◆クリスピークリームドーナツ 河根 真梨さん◆

笑顔と明るいあいさつを基本とし、自分自身がお客様の立場だったら・・・と考えながら接客を楽しむことを大切にしています。お客様が“また来たい!”と思っていただけると嬉しいですし、おすすめした商品を“おいしかった!”と言っていただけることを接客の向上につなげています。

 

◆ジーナシス 柳堀 夢乃さん◆

接客のモットーは、「お客様の未来をハッピーにする!」こと。お店側の“良かれ”を押し付けるのではなく、お客様が家に帰った時、実際に洋服を身につける時のことを考え抜いて接客を通して付加価値を付ける。お客様のハッピーは“お店で買った時”ではなく、“未来で洋服を身につけた時に誰かにほめられた時”など未来の満足度が最大のハッピーであると考えています。売りたいもの、売ることだけを考えるのではなく、お客様の未来の満足笑顔を常に想像しながらお客様に接しています。

 

◆レイカズン 今井 花奈子さん◆

日頃の接客で心掛けていることは、お客様に分かりやすく商品をお伝えすることです。専門用語を使い過ぎないことや、自分自身、お客様のイメージに近づけられるように気持ちに寄り添い、細かくお伝えすることを気をつけています。リアル店舗ならではの会話を楽しみながらお買物していただけるように距離感も気をつけています。